産婦人科の減少

激減している産婦人科医

産婦人科医が減少していることで里帰り出産をあきらめる人が増えています。原因としては里帰り先の町に産婦人科がなかったり、たとえあったとしても別の町から妊婦は受け入れていなかったりする現実があります。産婦人科の医師が少なくなっているため需要と供給のバランスが崩れているのです。産婦人科はほかの診療科目に比べて24時間対応の場面が多いことと医療訴訟の増加により希望する医師が減っているのです。国が少子対策政策に力を入れるのであれば、適正な数の専門の医師の数を確保する必要があります。子供を産みたくてもお産を助けてくれる医師がいないためにあきらめてしまう人がこれから先出てくる可能性もあります。そうなる前に今から努力をしなければ間に合わなくなります。

減少に歯止めをかける政策

金銭的な面や待遇的な面など産婦人科医の増強にはほかの専門医よりも優遇措置を取るなどできることはあるはずです。お産だけではなく女性特有の病気の治療にも産婦人科医は必要です。住んでいる地域や働いている地域に産婦人科医がないために診察に入けず病気の発見が遅れたりすると取り返しのつかないことになります。過疎地域などに産婦人科を開業する医師には国や自治体が補助金を出したり、医療施設を貸与するなどの政策があってもよいのではないかと思います。現地点では減少に歯止めをかけることが急務です。今の数を減らさないように対策を考えたうえ、増やすための努力を行う必要があります。女性が安心して社会進出をし子供を産むためには産婦人科医の確保は大切なことになります。