診察におけるポイント

ピルは経口避妊薬として開発された薬ですが、医療機関では子宮内膜症や月経に関するトラブルや症状に対して治療薬として処方されることが多くなっています。 現在、治療や避妊薬として使用されているピルは低用量のタイプがメインとなっていて、高用量や中用量よりも副作用が少なく安全と言われています。 女性は生理によってホルモンのバランスが崩れやすく、精神的に不安定になったり、体に不調が出ることがありますが、最近では生理前のこれらの症状が特にひどい人はPMS(月経前症候群)と診断されます。 最近ではPMSの症状に悩んでいる人が増えているとも言われており、治療が可能であることが広く普及されれば医療機関を受診する人も増えることが予測されます。

ピルを服用すると排卵が止まり、体は妊娠した時と同じような状態になります。そのため妊娠や出産を考えている女性がPMS等の治療を受ける場合は、医師にそのことを伝える必要があります。 ピルは治療薬として処方される場合は健康保険が適用になりますが、避妊薬として処方してもらう場合は保険が適用されません。 避妊薬として服用する場合は継続的な服用が必要になりますが、途中で一旦服用をやめる期間があるなど服用ルールに特徴があります。処方されるピルによって服用ルールが異なる場合もあるので、しっかりと確認してルールを守って服用することで避妊効果が高くなります。 また、ピルは避妊効果はありますが、性病などを予防することはできないので避妊具を使用することも大切です。